園長先生の
のびのびLAND

Blog

2020年度内定者研修

2月に内定者研修を3日間連続で行いました。
更に現在1年目の先生たちも振り返りとして一緒に研修を受けてもらいました。

この研修は私から基本的なことを学んでもらっています。
人は何故生まれてきたのか
人は何故働くのか
幼稚園教諭とはどんな仕事なのか、何を求められるのか
高尾幼稚園は何のためにあるのか、何を求められているのか
高尾幼稚園の先生になるには
などを学んでもらいます。
他にも、たくさんのことを考えて学んでもらいます。

さて、人は何故生まれて来たのでしょうか
どんな人生を歩くのか
人生設計をしていますか

考えたことありますか?

内定者研修で、内定者の方々に様々な角度から考えてもらいました。
今まで、何故生まれてきたのかなど考えたことがなかったと話していました。
普通はそうかもしれません。
しかし、高尾幼稚園の先生になるのなら、考えなければなりません。
なぜなら、生き方を子どもたちに伝えていくのが私たちですから
正しいことをします
ルールを守ります
人に迷惑をかけてはいけません
全ての人々に優しくします
思いやりをもちます
感謝する気持ちを持ちます
お友だちと仲良くしましょう
順番を並びましょう
などを子どもたちに教え育てます。
先生ができなくては教えられませんよね。
先生は人生を知らなければ、子どもたちに何も教え育てることはできません。
つまり、人間力を磨くことが、私たちには求められるのです。
人間力を磨き、常に上を目指すことができる人が、高尾幼稚園の先生なのです。
人の役に立つことの喜びを幼児期に知ることができるように、私たちは考えます。
幼児期からその喜びを知ることができると、大人になって生きがいを持ち働くことができる人間になります。
私は先生たちを、人間味溢れる心豊かな人を作る教育目標を心から理解し、教え伝えることができる先生に育てるのです。
人としての基盤を作る幼児期に関わる仕事は、やりがいのある仕事です。
やりがいとは、生きがいです。
一度しかないかけがえのない人生を大切に生きるとはどういうことなのかを知らなければ、これを子どもたちに教え育てることはできないのです。

高尾幼稚園の先生は、楽しいです。
何で高尾幼稚園の先生はキラキラしてるのか?
人間力を磨いているからです。

高尾幼稚園の質は、先生の質です。
先生の質は、私の質です。

私も更に磨きをかけて、より良い教育を目指します。

園長 小山布由奈