園長先生の
のびのびLAND

Blog

SNS

報道でプロレスラーの方が急死したニュースを見ました。Twitterで多数の人から誹謗中傷があったことが原因なのではないかと調査中だそうです。

そして沢山の著名人の方々がSNSでの誹謗中傷について、コメントしているようです。

顔がわからない、誰がコメントしているのかがわからない。酷いことも躊躇なく書けてしまうのか。
無責任な言葉で人を傷つけることもできるのがSNSなのです。

ココ・シャネルが
『今でも、最も勇気のいる行動は、自分の頭で考え続けること。そしてそれを声に出すことよ。』
と言っています。
考えたことを言葉にしたり、こういう場で自分の名前を出し文字にして残していくことは、とても勇気が必要なのです。

こんなふうに書いたら、何て思われるのだろうか…
どこかで言われるのだろうか…
など、考え出したらきりがないです。

幼稚園も口コミがあります。周りの人から書かれている内容を聞くこともあります。
それは良い話ばかりではないので、想いを正しく伝える難しさを感じたり、自分の考えを述べることに躊躇してしまったり、園長の看板を背負うのが怖いと思うことだって正直ありました。
何を言われても平気で強い人間なんていないと思うのです。

しかし、高尾幼稚園の園長はどんな考えをもっているのか。幼稚園選びをしている保護者の方々や在園生の保護者の方々は知りたいはずだと思うと、発信を続ける義務が私にはあると思っています。ですから、これからも正しいと信じることを精一杯伝えて行けるよう努力します。

高尾幼稚園は4月からYouTubeで教育活動動画を配信しております。これはURLを知らない外部の方は見られない動画です。
そこに低評価を付けらていることに気がつきました。
まだ会えない子ども達のためにできること。どんな動画を喜び、為になるかを先生たちが必死に考え、作り上げた動画です。

残念です。
低評価が付いた後も動画配信は続きます。
先生たちの気持ちを考え、動画配信を中止しようかと副園長の睦月先生と考えました。
しかし、楽しみにしてくれている子ども達、保護者の方も多くいらっしゃることを考えると中止の判断をくだすことは出来ませんでした。
評価が付けられない設定が出来ることを知り変更して続けることにしました。

思いやりの心を育てる幼稚園
思いやりの心が育って欲しいと我が子に思いを乗せて、高尾幼稚園の入園をお決めになったと思います。
その保護者の方々は、先生たちに対しての思いやりはあったのか疑問に思いました。
私は先生たちを傷つけないために急いで対応しましたが、とても残念でなりませんでした。
何度も言いますが、私は先生たちが大事です。一生懸命子どもたちのことを考えて、より良い教育を目指してくれる先生たちは私の大切な家族です。
そして先生を大事にすることは、当然、子ども達を大事にすることにもなるからです。

軽い気持ち…どんな気持ちでしたのか想像も付きませんが、自分の目を疑いました。高尾幼稚園の保護者に?まさか…と
そして顔が見えない、誰がやったのかわからないSNSは、使い方によっては恐ろしい怪物になるのだと改めて感じました。

報道のコメンテーターが、SNSの使い方を学校教育で、と仰っていました。
幼稚園児も携帯やタブレットを使います。そう考えると、今後私たちが求められていく課題にもなっていくことでしょう。

最後に
低評価は付きましたが、そういう方ばかりでないことも承知しております。
動画がとても良い!と大絶賛してくださる保護者の方々のお声、感謝のお言葉が沢山届いています。これは最高の原動力になるので、先生たちに伝えております。他園の方からも在園生とお知り合いだったのか高尾幼稚園の動画を見て喜びのお声をお電話くださったこともありました。
喜んでる人がいる限りやっていこう!
求めてくれる人がいる限りやっていこう!
皆さんのお声が力になっています。
本当にありがとうございます。

今回のことは、ほんの一部の方がされたことですし、様々な考えがあって人は共存し生きていることは確かです。
ですから不平不満などのご意見も、有難く頂戴します。ただし、今回のようにこちらの想いを伝えさせていただくこともあります。高尾幼稚園の教育方針に共感して入園してくださった皆さまです。分かり合える努力をすべきだと思うからです。

その上で、皆さまのお声に耳を傾け、より良い教育ができるように今後の課題へと繋げて参ります。その為には直接お話をください。私たちは真摯に受け止めます。そしてできる限り改善に努めていく所存です。副園長の睦月先生の携帯番号や睦月先生と私に直接届くメールアドレスなど、保護者の皆様にお伝えし入り口を広くしております。どんなご意見でも、そして子育てのご相談も快くお受け致します。
これから幼稚園が始まります。
どうぞ宜しくお願い致します。

園長小山布由奈