園長先生の
のびのびLAND

Blog

急須

『急須』
ご存知です…よね?
.
.
.
.
以前に書かせて頂きました
次女ですが
無事に退院致しました。

ご報告が遅くなりました。

ブログを読んでくださった保護者様より
励ましのお言葉を頂きましたこと
心よりお礼を申し上げます。

温かいお言葉に感謝しております。
ありがとうございました。
.
.
.
さて、その次女が退院した日のこと
病院近くを二人で歩いていると

お茶屋さんがありました。

その前で
ふと
「急須、知ってる?」
と尋ねてみました

答えは
No

確かに
知らないはず…

これは娘のせいではなく
親の私の責任です

なぜなら
我が家に急須はなく
お茶を飲む時も
ティーポットを使っていたからです

ということで
急須を購入し
急須の正しい持ち方やお茶の入れ方を教え

お茶を飲んでいます。

何が言いたいのかと
言いますと

「最近の子は
全く何も知らないんだから!!!」
と大人が言うのは
おかしい

大人が教えて来なかったから…

すべては
大人の責任なのです。

日本の素晴らしい文化を
学校で歴史を教えていくだけでは
不十分です

私たち大人が
子どもたちへ
繋いでいかなければなりません

急須でお茶を入れる
缶切りで缶を開ける
正しい箸の持ち方
やかんの使い方
おせち料理
コマの回し方
もちつき
頭をさげる
等々…

あげれば
きりがない

けれど
ひとつひとつ伝えていかなければなりません

娘たちの様子や若手の先生たちの
様子を見ていて
感じることは

『背中を見て育ちなさい』
は、通用しないこと
しっかりと丁寧に教えないと
育ちません

そこが私たち世代とは
違った育ち方をしているのかな…
と感じています。

これからも
日本という国を守っていくためにも
日本の文化を
次の世代へ繋いでいくことは
とても とても大切なことだと思います。

ご家庭で伝えていただきたいですし
園でも子どもたちや先生たちへ
伝えていきたいです。

日本という平和な国で
生きていられることに感謝をして…

園長小山布由奈