園長先生の
のびのびLAND

Blog

思いやりの心を育てる

高尾スタンダードにある
思いやりの心を育てる教育

難しいと思いませんか?

何が思いやり…?

そもそも
思いやりとは何…?

思いやりは
どうやったら育つの…?

ここでは
ほんの一部しかお伝えできませんが

思いやりとは
相手の立場に立ち物事を考え行動すること
ですね

思いやりの心
どうやって育てるのか

相手の立場に立ち考える習慣を身につけることです

例えば
勝手にオモチャを取ってしまったら
お友だちはどんな気持ちだったのかを
考えることです。

勝手にオモチャをとってしまった時
「ダメじゃないの!返しなさい!!」
と怒っても
思いやりの心は育たない…
ということです。


また
写真のように
大きい子が小さい子のめんどうをみる
ということも思いやりの心が育ちます。

毎朝、
手を繋いで連れて行ってくれるのです。

困っているお友だちがいたら
声を掛けてくれるのです。

高尾幼稚園の教育とは
怒らない教育
思いやりの心を育てる教育
魔法の言葉を使った教育
全て繋がっているのです。

幼児教育とは
人間形成の土台部分

直ぐには見えないかもしれません

したがって
幼児教育なんて
どこの保育園でもどこの幼稚園でも
変わらない

と思う方もいらっしゃるかと思います。


それは大きな間違いです

それぞれの幼稚園、それぞれの保育園
異なります

高尾幼稚園での教育が良い
思いやりの心を育てたい
心豊かな人間作りをする幼稚園が良い
と思ってくださる方とのご縁を大切にしたいです。

思いやりの心を育てる教育で
高尾幼稚園の子どもたちは優しいですよ

手を繋いでいる姿を見て
毎朝目頭が熱くなります。

高尾幼稚園の子どもたちは
私の自慢の子どもたちです

園長小山布由奈